FXを始める前に立ち寄りたい、
出資講座
 

出資・融資

事業を始める場合に「出資」してもらうのか、それとも「融資」してもらうのかは悩むところです。
出資にしろ融資にしろ、お金を出してもらうことに違いはありません。それならどちらでも大差ないと思うかもしれませんが、お金の扱いがまったく異なるのです。

根本的な違いとして、融資してもらったお金は返済しなければいけないのに対して、出資してもらったお金を返済する必要はありません。
これは融資が「借金」なのに対して、出資は「投資」だからです。返済をすることがないのであれば、出資の方が圧倒的に有利に思えるかもしれませんが、そんなことはありません。
融資にしろ出資にしろ、お金を出す側にメリットがなければ出してはくれないでしょう。もちろん善意でお金を出してくれる場合もあるでしょうが、それだけで事業を行える人は少数派だと思います。

融資をするメリットは出したお金が戻ってくるからです。返してくれない相手にはお金は貸したくありませんよね?
しかもただ戻ってくるだけではなく、「利息」が上乗せされて戻ってくるからこそ、銀行などの金融機関はビジネスとして成立しているわけです。

それでは出資者のメリットはなんでしょうか。ここでは株式会社に出資する場合を想定します。
出資者に対して株式会社であれば株式を交付します。この株式に応じた権利を得られることが出資者のメリットになります。
事業がうまくいって利益が出れば、その一部を配当として受け取ることが期待できますし、そもそも株式自体の価値が上がれば資産が増えたのと同じになりますよね。
一番わかりやすいのが将来的に上場するというパターンで、これによって創業者や出資者は大きな利益を手に入れられる場合が多いです。
また株式を持っているということは会社の所有権の一部を所有していることになりますので、持ち分に応じた議決権を行使することができます。

最後にお金を出してもらう側の立場で考えて見ましょう。
融資は経営の自由を確保できるというメリットがあり、借金であるため返済しなければいけないというデメリットもあります。
出資は返済しなくてもいいというメリットがあり、経営の自由度が制限されたり奪われる可能性があるというデメリットがあります。
どちらも一長一短ですし、どちらか片方しか選べないというわけではありませんので、慎重に考えて答えを出すようにしましょう。