FXを始める前に立ち寄りたい、
出資講座
 

企業に「出資」するとはどういうことなのか?

「出資」と言う言葉は、多くの人が耳にしたことがあると思います。しかし、具体的にどのようなものかとなると、意外と知らないという人も多いのではないでしょうか。

会社を設立するうえで、かならず準備しておかなければいけないのが「資本金」です。

業種によっても異なりますが、会社の経営にはさまざまな費用がかかります。たとえば、材料を仕入れたり、設備を整えたり、従業員を雇ったりするのにも必要です。ほかにも、事務所や店舗を建てたり借りたりしなければ、会社自体をスタートさせることもできないでしょう。

資金が多ければ、それでかならず会社は成功するというものではありません。実際に少ない資本金から始めて大企業へと成長したケースも数多くありますし、2006年からは新会社法によって資本金1円からでも起業できるようになりました。

しかし、スタート地点でのアドバンテージは重要です。経費としてはもちろん、他社と取引するうえでも資本金は大きな信用となります。どれだけ資本金を用意できるかによって、そのあとの経営が楽になるかが決まってくると言っても間違いありません。

では、資本金をより多く用意するには一体どうしたらよいのでしょうか。

まず考えられる方法が、金融機関から融資を受けることです。

ただし、金融機関はかならず返済できる見込みがない相手にしかお金は貸してくれません。たとえば、不動産などの担保があればともかく、まだ実績もない新会社に事業計画だけ聞いて大金を用意してくれることはまずないでしょう。銀行から思いどおりの融資を受けるには、それ以前に少なくとも自力で300万円は資本金を用意しておく必要があるともいわれています。

そこでもうひとつ、お金を集める方法に用いられるのが「出資」です。

出資では、融資のようにお金を借りるのではなく、一般の投資家や団体などから純粋に資金を提供してもらう形を取ります。つまり、会社のオーナーになってもらうわけです。もちろん、出資をしてくれる相手が多くなればなるほど、より少ない負担で大きな資金を提供してもらうことができるようになります。

このとき、出資してくれた相手に代わりに渡すのが「株式」です。株式は会社の業績が上がれば価値も上がるので、出資者にとっても利益となります。

これが、みなさんもよくご存知の株取引です。株投資というのは、このように会社に対して出資を行うことを言っているわけですね。