FXを始める前に立ち寄りたい、
出資講座
 

出資家になって得られる2つの権利とは?

出資家は企業に投資することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

出資を受けた企業には、それを返済する義務はありません。その代わり、株式には2つの権利があたえられます。

それが、「共益権」と「自益権」です。

共益権というのは、出資を行った会社の経営に参加することができる権利のことです。株主総会では1株ごとに1つの議決権があたえられ、そのパーセンテージによってさまざまな議決を行うことができるようになります。

特に重要となるのが、過半数の議決権です。

この場合、いつでも代表取締役を解任することができるようになるからです。いくら創業者であるといっても、この議決にはしたが従わなければいけません。

つまり、過半数の議決権を確保すれば、誰でもいわゆる企業の乗っ取りを行うことができるわけです。

ですから、企業側としてはいくら資本を増やしたいからといっても、過半数の株式は自分たちで保有しておいたほうがよいのです。

さらに、3分の2以上の株式を保有している場合には、より重要な判断を行う特別決議も単独で成立させることができるようになります。よりより自由な経営を行っていくには、このあたりが目安のラインとなるでしょう。

出資には返済義務がなく、集めやすいというメリットがありますが、一方でこういった配分を考えておかなければならないのが企業側のリスクといえるでしょう。

しかし、ここで問題があります。

つねに自己資金で過半数の株式を保有しておくということは、出資で集められる金額はそれ以下になってしまう、ということです。

それでは、不十分に感じる経営者も多いでしょう。

そこで、もうひとつのポイントとなるのが「自益権」です。

自益権というのは、企業に利益を請求することができる権利のことです。特に重要となるのが、配当金を優先して受け取ることができる権利です。これによって、企業が業績を上げれば、その分だけ出資家にも利益を得るチャンスが生まれることになります。

この自益権をつける代わりに、企業は共益権のない「無議決権株式」を発行することができます。この株式は2分の1まで発行できるので、経営側としてはその半分の4分の1以上を押さえておけば、議決権を手放すことがなくなるわけです。

出資家には、大口の投資で経営にも参加を要求する「ベンチャーキャピタル」と、小口の投資で経営にはほとんどかかわらない「エンジェル投資家」の2種類があります。

出資を受けるさいには、企業はこのような出資家の性格についてもよく考えておく必要があるのです。