FXを始める前に立ち寄りたい、
出資講座
 

ファンド出資はより強力に会社をサポートしてくれる

ファンド出資とは、そもそもどのようなシステムなのでしょうか。

ファンドというのは「基金」という意味です。つまり、個人投資家などからお金を集め、それをもとにまとめて運用する方法をそう呼んでいます。

ファンドでは、ある程度利益が出たところで持っていた株式を売ります。そこで得た利益をもとに、最終的に個人投資家などに配分されるわけです。

出資者としては、プロの投資家に運営をまかせられるのが大きなメリットです。

では、会社側にとってはどのようなメリットがあるのでしょうか。

これは特に新しく設立された会社にいえることですが、金融機関からお金を借りるのはなかなか難しいことです。まだ実績がないので、融資には担保や保証人が必要となる場合もあります。一方、会社自体を知られていないので、個人投資家から出資を集めるのにも限界があります。

その点、ファンドではそのような心配もまったくいりません。融資ではないので返済の必要もありませんし、実績や名前がなくても、その企業の中身自体をしっかり見てくれます。

では、ファンドから投資を受けるにはどのような点がポイントとなるのでしょうか。

金融機関がどちらかといえば安定性を重視するのに対し、ファンドでは短い期間でどれくらい成長できるかという将来性を重視することになります。ですから、事業計画書による審査が最大のポイントとなります。ファンドによっては、企業側と話し合いをしながら、事業計画を修正していくこともあります。

ファンドとしては投資した会社が成長すればするほど利益につながるので、経営や開発などに協力してくれることもあります。

まさにwin-i-nの関係といえるでしょう。

ただし、ファンド出資を受けるのもかならずしもメリットばかりではありません。

経営や開発の支援をしてくれるのはよいのですが、ファンドとして利益を出すために、さらに踏み込んだ要求をしてくることもあります。なかには、会社自身を売却して利益を出そうとするファンドもあるほどです。

その点でいえば、独立行政法人の中小機構などは安心して出資を受けることができるファドといえるでしょう。中小機構のファンド出資を受けた会社は、その後に平均で2倍以上の売上を記録するなど、大きく成長することに成功しています。

このように、ファンドによっても大きく性格が変わってくるので、出資を受けるさいにはそういった点にも気をつけていかなければいけません。