FXを始める前に立ち寄りたい、
出資講座
 

出資とは

「出資」という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、どういうものなのかを他の人に説明するのは難しいですよね。
文字通り資金や資本を出すことを出資といいます。出資した人は出資者と呼ばれますし、出資されたお金は出資金と呼ばれます。
出資と似たようなものに「融資」がありますが、具体的な違いについて考えながら、出資とはどういうものなのかを説明したいと思います。

参考>>www.highlowaustralia.org
あなたが新しくビジネスを立ち上げるために会社を設立するとしましょう。会社を設立するためには何が必要になるでしょうか?
商品を仕入れたり事務所を借りたり、従業員を雇ったりする必要がありますよね。そのためにはお金が必要になります。
最初から貯金などが十分にあり、お金は自分で用意することができるという人もいるかもしれませんが、そういった人は少数派ではないでしょうか。


今おススメのFX投資方法はこの更新よくされて最新情報から投資ができるハイローオーストラリアできまり!

親兄弟や親戚、友人、銀行などの金融機関や自分のビジネスに理解がある人から借りるという方法があります。これが「融資」になります。

自分の会社に融資してくれる人は何を目的に融資してくれるのでしょうか。親兄弟であれば損得なしに融資してくれるかもしれませんが、普通は見返りを求めるものです。

一つ目の見返りは「融資したお金を返してくれる」ことです。もう一つの見返りは「貸したお金に上乗せされる利息」です。これがなければ融資してくれる人はいないでしょう。

これは当然の話で、貸したお金を返してくれない相手にはビジネス抜きでも貸したくありませんよね。ましてやビジネスで貸すのであれば、利息を求められて当然でしょう。

融資というのは借りたが人からすれば「借金」ですので返す必要がありますが、それに対して出資金は返す必要がありません。これが最大の違いとなっています。
それでは出資者は何を目的として会社に出資してくれるのでしょうか。それは利益の一部を「配当」してもらうことと「株の価値が値上がり」することです。
融資されたお金に利息を払う必要があるように、出資されたお金には配当が期待されます。将来的に上場するのであれば、株式そのものの価値が上がることも期待されているでしょう。

このあたりの投資関係はこちらのhttp://www.fxoption.net/rank/highlow-australia.htmlが明確に説明してくれています。

ちなみに株式として出資された出資金そのものは返済する必要がありません。さらに「配当」も必ず払わなければいけないというわけではありません。
それでは出資にメリットがないように思えるかもしれませんが、株式を持つということは会社の所有権の一部を持つことになります。出資比率に応じた議決権を行使できるようになります。
ビジネスも順調ではなく、配当もなければ株価の上昇も見込めないのであれば、出資者としての権利を使って経営に口出しをしてくるのが一般的です。